2012年05月09日

出ました

こんばんは、せっせと毎日オムツ替えに

忙しいダーツキーパーですw




今日は現場のお話。

先日、とお〜い所まで行ってきました。

大阪から片道4時間。

なかなか遠いでしょ?

見積後、すぐに作業という形で

作業させていただきました。

結構色々あった現場だったのですが、

自粛します。

作業中にビックリしたことが。。。

作業前に部屋の中に入ると、アンモニアの

臭いが部屋中を包み込んでいます。

動物が放し飼いになっていたようで、

そこら中、おしっこと糞だらけ。

しかし、肝心の動物は見当たりません。

作業は順調に進んでいき、

これだけドタバタしているのに動物が

いないということは家の中にはいないと

思っていたんです。

動物の事など忘れかけた頃、

洗濯機を開けると。。。。。。。。

私は驚きすぎて声が出ませんでした。

猫が洗濯機の中にいたのです。

全く動く気配がなかったので、

死んでいるのかと思い、棒で

ちょんちょんとつつくと、

動きました。少しだけ。。。

少し安心しました。

しかし、どうやって出そうか。。。

洗濯機の中からどうやって。。。

洗濯機をまず外に出して、

ゆっくり横に倒してみました。

全く動かず。。。

置いていたら出て行くかもしれないので、

2時間ほど放置していました。

そして、中をのぞくとこちらを見ながら

まだいます。。。

仕方が無い。洗濯機をひっくり返して

出てもらいました。洗濯機の中に

入れたまま大阪まで帰る訳には

行かないので。。。

こうして動物は無事に外に出されたので、

一安心。。。。

しばらくすると2階から

「ぎゃーーーーーーーーーーー」と

悲鳴が聞こえてきました。

なんともう1匹いたのです。

人間もビックリですが、動物もビックリ。

猛ダッシュで逃げ出しました。

まさか2匹もいるとは思いませんでした。

これで一安心。。。

「ぎゃーーーーーーーーーーー」

また同じスタッフが叫んでいます。

今度は何だと思うとさらにもう1匹。

合計3匹いたんです。

これだけ作業していて、ずっと隠れて

いたんでしょう。

作業終盤に思いもよらない事が起こり、

スタッフはビビりまくっていました。

そして無事作業は終了しました。



後でスタッフと話していると

どうもスタッフは猫アレルギーだったようです。

そう、ずっと動物と言っていたのは猫ちゃん

だったんです。

猫アレルギーのスタッフには申し訳ない事を

してしまったと反省。。。

ごめんなさい<(__)>

何はともあれ無事作業終了して、

おいしい物食べて大阪に帰りました☆
posted by 遺品整理のキーパーズ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。