2011年12月12日

ごみ屋敷

一件の問合せが来ました。

住んでいる家を片付けたいんですが、

お願いできますか?との事。

詳しく聞くと、所謂ゴミ屋敷になっていて

自分である程度は片付けたが、このままでは

年を越してしまいそうなので、お願いしたいとの

事でした。

自分の部屋をゴミ屋敷と公言される方は

めずらしいなと思い、さっそくお見積りへ。




現場に到着し、インターホンを押すと。。。

30代ぐらいの男性がごみを踏みながら

出てこられました。

ご挨拶を済ませ、話を進めていくと

今回のご依頼は本やDVDは残してその他の物を

処理するという形でした。




部屋はどのような状態かというと、

壁の両端には今にも崩れてきそうな本が

天井まで山積みになっていて、文字通り

足の踏み場がない床。

部屋も同様にゴミやら本などが散乱している

状態でした。

当社がさせていただける事を説明し、

ご納得いただき、後日作業となりました。




作業当日、玄関から私が先頭で仕分けを

開始。本、DVDと不用品に分けていきます。

ほとんどが本など残すものばかり出てくるのですが、

ふと本を見ると未開封の物がでてきました。

不思議に思い、依頼者に「これって見てないんですか?」

と尋ねると、「そうなんです、買ったら満足しちゃって」と。




おおお、すごい。物欲がすごくある方なんですが、

本の内容も読まずに買ったら読んだ気になったと。

正直なところ、私にはわからない感覚でした。




そして順調に作業も進み、話をしていると、

「これでも半分ぐらいは減ったんです」と驚く内容

を依頼者が話してくれました。

これで半分になってたんですか?!とびっくりして

しまいましたが、最初の状態で半分という事なら

最初は腰下ぐらいまでは部屋が埋まっていたのでは

ないかと妄想してしまいました。

今回は部屋の半分の整理をご希望でした。

なぜ半分かというと残りの半分は自分でしようと

思っているからです。半分さえ片付いてしまえば、

半分のスペースを使って自分で片付けたいと

おっしゃっていましたので、すごく大変ですが

頑張ってくださいねと言い、もし心が折れたら

いつでも連絡くださいと言い残し、

作業を完了しました。

もうお部屋は片付いてますかね?

もし、お部屋が片付いてなかったら、

もしかすると電話がなるかもしれません。



posted by 遺品整理のキーパーズ at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。